妊娠中期から後期には足がつりやすい!

今までの人生の中で「足がつる」体験をしたのは、妊娠中期から後期にかけての数か月のみです。あの頃の足がつった体験を思い出すと、足の裏に痛みが甦る感覚がするくらい、痛かったです。

足がつっていたのは、たいてい起きた時、もしかすると足がつっておきていたのかも知れませんが、起きたと同時にイタタタ、と足の親指のあたりに痛みを感じたらスタートの合図、足裏からふくらはぎ近くまであっという間に激痛が走ります。最初は慌てふためいて隣で寝ている夫をたたき起こしていましたが、そのうち慣れてきたら痛みの間はじっと耐える事が出来るようになりました。

最初の頃にネットで対処法は調べていましたが、足首をたててつま先をつかむ、という事自体がお腹の大きな妊婦には不可能なので、諦めました。原因は栄養不足と水分不足に血行不良とあり、そのどれもが妊婦には当てはまるので、一応水分は多めにとって眠るようにしていました。

栄養に関してはいくら栄養を取っても胎児にとられるので、どうしても不足がちになるのでこれも仕方ないと諦めました。痛みが去るのを待つ間にできる事は膝を立てて届く範囲のふくらはぎをマッサージする事、これもあまり効かなかったような気がします。

足がつる・こむら返りのときはマグネシウムが不足しているようなので、錠剤を処方してもらったり、病院にいけないならサプリも有効とのことで。こむら返りのサプリを通販で買って飲んだりしていました。

大きな病気が潜んでいるかも?という記事も見つけましたが、出産後はサプリをやめても嘘のように足がつる事もなくなったので、私の場合はやはり妊娠中特有の症状だったと思います。